断酒27日目です。

順調です。


家でPCに向かって仕事をしたり、
ネットを見たりしていて、
ほっと一段落したときなど、椅子の後ろに置いてある棚に、
ふと意識が向かうことがあります。

断酒する前は、そこにビールや焼酎、ウィスキーなどを置いていました。

お酒を飲みたくなったら、ちょっと後ろを振り向いて、
ビールをプシュッと開けたり、焼酎をコーラで割ったりして、
それをちょちょっと喉に流し込んで…

疲れた頭をはっきりさせたり、
気分をリフレッシュさせたりしていました。

そんな風に気分転換させてくれる魔法の薬が、そこに置いてあったのです。


断酒して3週間以上たった今でも、
その記憶と行動パターンが消え去っていないようです。

魔法の薬が置いてあった棚に、今でも無意識に手を伸ばそうとするのです。


でもこれから、
お酒も煙草も吸わないで、
どうやって気分転換をすればいいのでしょう。

もちろんそれまでは、惰性で飲み続けていたお酒や、
ただ吸い続けていた煙草のほうが多かったでしょう。

でも今は、ちょっと一息、というタイミングで、
お酒を飲みたい気持ちが、
そしてもう辞めて8年も経つのに、
煙草を吸いたい気持ちが、

「ふわっと」浮かび上がってくるのです。

衝動や欲求といった強いものではありません。
ちょっと一息、という気持ちが、空振るのです。


他の断酒を続けている方たちは、
どうやって気分転換をしているのでしょう。


しかし、こうして思いを言葉にしていると、本当に自分は弱いなと思います。
断酒するという信念がブレブレです。


でも、決意だけは変わっていません。

これからも断酒を続けます。