断酒300日目です。

順調です。



今日は春の七草です。


私の家でも

七草粥を作ってもらいました。


2017-01-07.jpg



皆さんは、

このお粥に入っている

七草の種類を言えますか?



実は覚えやすい歌があります。


「せり なずな 

 おぎょう はこべら ほとけのざ

 すずな すずしろ これぞななくさ」



(すずなはカブ、

 すずしろは大根のことです)



これは鎌倉時代

四辻善成という人が書いた

『源氏物語』の注釈書に

詠まれている和歌です。



実は現代の七草は、

この和歌が元になっていて、


それまでは違う雑草だったり、

7種類の雑穀を食べていたり

したのだそうです。



それともう一つ、


「春の七草」と言うくらいですから、

「秋の七草」も当然あります。


ただしこちらのほうは、

食べるものではなく、

見て楽しむ秋の花のことです。


(よかったら調べてみてください)





ところで今日私は、

断酒300日になりました。



もちろん

まだまだ酒を飲まない

人生は続きますし、


これから先、いつ挫折を

味わうかも知れません。



でもこの10ヶ月の間

ずっと感じていたこと、

自分に言い聞かせていたことがあります。



酒を飲まないことは、苦しみではない。


酒を飲まないことは、喜びである。




このブログも、300日書き続けました。


その間ずっと書いて、

お伝えしたかったのも、このことです。



そして、

いつも、ありがとうございます。



明日も断酒を続けます。