断酒312日目です。

順調です。



今年の冬はあったかいなあ、

なんて思っていたら、


今日仕事から帰ってくる時には、

寒くて震えていました。



手がかじかんで、

撮ろうとした写真もぶれぶれ。


2017-01-19.jpg




明日は東京でも、

夕方から雪が降りはじめ、

積雪となる予報が出ています。



ちょっと気合いを入れなければ

凍えるような冬の空に負けてしまいそうです。





さて、断酒には、

勝ち負けってあるのでしょうか?



これから永遠に

飲まないでいられたら、

それが勝つってことなのでしょうか。



いやそもそも、

お酒を飲めなくなった時点で、

すでに負けてしまっているのでは

ありませんか?



もしかして本当のアルコールへの

勝者が誰かというと、


お酒に飲まれたりすることがなく、

いつまでも楽しめている人の

ことではないのでしょうか?



さらに負け続けることはあっても、

もう絶対に勝てない戦いに

私たちは挑もうとしているのでは?





完全な敗北を認めること。


あの12のステップでも、

いちばん最初に書かれています。




『12のステップと12の伝統』
(Amazonリンク)



ステップ1

「私たちはアルコールに対して無力であり、

 思い通りに生きていけなくなっていたことを

 認めた」





断酒には必勝法なんて、ないのです。



潔く、自分の負けを認めて、

競技場を後にすることしか、

できないのです。



ただし、絶対に、振り返らないこと。



お酒に勝とうと思ったり、

ましてや勝ったつもりには

決してならないこと。


そう私は自分に言い聞かせます。




明日も断酒を続けます。