断酒569日目です。

順調です。


2017-10-03.jpg



自分の家であったこと。

悲しいことや、イヤなこと。


一つも言わないで、


楽しいことだけ、

嬉しいことだけ言ってたら、


みんなが

「いい家族だね」

「いい奥さんだね」 「幸せだね」


って言ってくれる。



それがとてもうれしくて

つい私は自慢してしまいます。


(だから嫌われることもあるんだけど)



でもそれって、

嘘をついていることになるのかな。




子供の頃から、

人が悪口を言ってるのが嫌いで、


「あの家庭教師はだめだ」

「あの先生は馬鹿だ」

「それは友達が悪いね」



なんて言われると

必死になって弁護してしまいます。



そんな他人でさえ、

もちろんなんだから、


自分の家族の悪口なんて、

絶対に聞きたくない。



「それはひどい奥さんですね」

「そんな親を持ってかわいそう」

「馬鹿な子供たちだね」



なんてこと、

絶対に言われたくない。




だから家族がみんな幸せで、

自分も幸せでって、嘘をつく。


ずっとそうしていたいんです。




でも、そうして家族にも、

他人にだって、


腹を立てずにいようとしてるのに、

家族は私を責めます。



ひどい言葉でなじります。


「もう許して」

って、どんなに言っても。


「今になってよく言うよ」

「好きなこと好きなだけやって」




何も言えないので

黙っていると、


「いつもそうやって聞かない振り」

「変わらないよ、あなたは」




だから、また、私は黙ります。

家族には、何も言い返せません。



でも絶対に、

家族の悪口なんて言えません。



悪いのは私のほうなんだから。


それだけのことを、

私はしてきたんだから。



だから、そんなわけです。


今は幸せなんです。

お酒を辞めて、噛みしめてるんです。


これからも、自慢話を続けます。




明日も断酒を続けます。