断酒96日目です。

順調です。


自己啓発本やハウツー本というのがあります。


「こうすれば英語が話せる!」

「やせるための100の方法」

「お金持ちになりたい人が読む本」

「わたしはこうして○○をやめられました」


Amazonなどで検索すると、一つのジャンルでも

何十冊ものハウツー本が見つかります。



私も何冊か読んだことがあります。


でも駄目でした。

そこに書かれてあることができるのなら、

その夢も叶うのかもしれません。


でも、できないのです。

書かれていることが。


「そんなやりかたは自分には無理!」

「結局コツコツやるしかないんじゃん」

「できないからもういいや」



と思って、さっさと投げ出してしまいます。

少なくとも私はそうです。



はっきり言います。

それは、やる気がないからできないのです。



自分がやろうと思わなければ、

努力もするつもりもないのなら、

どんな本を読んだって、できるわけがないのです。



もっとはっきり言います。

断酒だってそうなのです。


自分にお酒をやめるつもりがないのなら、

やめられるわけがないのです。





ほんとうにお酒をやめたい人は、

今もやめ続けている人は、

たいへんな努力をしています。


すごく辛い思いをして

お酒を飲まずにいるのです。


そして長く続けている人ほど、

それだけの間、たいへんな努力をしてきたのです。




逆に、お酒をどうしてもやめられない人は、

やめたくて、もう自分が嫌になって、

毎日すごく悲しい思いをしているのに、

どうしてもどうしてもやめられずにいるのです。





それを軽々しく、

何も努力しようとしないで、

お酒をやめたいけどやめられない、

なんて言って欲しくありません。


自分一人でそう思っているのならいいです。


でもやめる気も努力する意思もないのに、

断酒をしている人たちの輪の中に入って、


「今、ビールを3本飲みました。

どうしたらお酒をやめられますか?」



などと言う、

その神経が私にはわかりません。



「いつでも始められる

ただやる気がないからやらないだけ」



そんな、いまどき小学生でも言わないようなことを、

本気になってがんばっている人に向かって、


口にしてほしくはありません。



私は今日も本気で断酒を続けます。