断酒98日目です。

順調です。


今日は日帰り温泉に行ってきました。


お酒を辞めてから2回目です。


もちろん車で私の運転です。


日曜日の夕方に

そうやって運転して出かけられるのも、

断酒をした効果です。


それまでは、

べろんべろんに酔っ払っていた時間ですから。


そして今回は飲酒欲求や不安もなく、

温泉気分を満喫してきました。




ところが…


温泉を楽しんだり、

サウナに入ったり、

水風呂に入ったりを繰り返して、


たっぷりと汗を流して、

そろそろ上がる時間かなあ、と

大きな露天風呂でくつろいでいたら…



番頭さんの格好をした係の人が、


「本日最後の×××になりまーす」


みたいなことを言ったとたん、


一升瓶に入った日本酒らしきものを

ドボドボとヒノキの浴槽に注ぎ始めました。


「酒?え?何?酒!?」


すぐそばでお湯に浸かっていた私は

パニックに陥り、しばらく硬直したあと

あわてて露天風呂から出ました。


めちゃくちゃあせりましたよ。


そんなもの、口に入らないにしても、

皮膚から吸収したり、

酒の匂いが体に染みついたりしたら、

どうするんだと。



でも私と入れ替えになるように、

待ってましたというばかりに何人もの男性が、

それまでもなぜこんなに混んでいるんだ?

と疑問に思っていた湯船に

続々と入っていきました…




帰りに受付を見たら

父の日サービス 日本酒風呂」

と大きな張り紙がありました…


今日の父の日だけの

特別サービスだったみたいです。



そして妻に聞いたら、

日本酒はお肌がすべすべになる

効果があるのだそうです。


たしかにそうかもしれませんが、

おじさんたちがそんな効果をあてにして

群がるものかなあ、と疑問に思いました。



自分もそうだったからわかるのですが、

そんなものを喜ぶのは

酒飲みだけに違いありません。



今日は最後になって

とんだ父の日のプレゼントでした。



そしてお酒には二度と絶対近づくまい、

と再認識しながら、


今日も断酒を続けます。