断酒109日目です。

順調です。



今日は6月30日です。


あっという間に

今年も半分が終わろうとしています。



この半年間は私にとっての

大きな変化が二つもありました。



30年も飲んでいたお酒をやめたこと。

10年以上通っていた職場を異動したこと。



私にとってはこの二つが、

人生の大きな転換期に思えます。


長い間、慣れ親しんでいたものとのお別れでした。


ちょっとさびしくも感じますが、

それは新しい未来の始まりとともに迎える

過去との惜別です。


そして、連想してしまう言葉が

『幼年期の終り』です。






アーサー・C・クラークの

人類の終末と進化を描いた壮大なSF小説です。


60年も前に書かれた小説ですが、

現代の不穏な情勢を

まるで予言したかのような内容です。



このSFのように、

私は世界が今、生まれ変わろうとしている

気がしてなりません。



そして以前の私が、

今は変わってしまったように、


明日からの私は、

今日までの私と違うことにも気付きました。



私の、いくつもの幼年期が終わり、

これからまだ成長しようとしてるのです。



明日も断酒を続けます。