断酒120日目です。

順調です。



今日は朝起きて、

窓のカーテンを開けた瞬間に

日差しが飛び込んできました。


目を開けていられないほどの眩しさでした。



そして、この曲の歌詞が真っ先に浮かびました。

『I.G.Y.』 ドナルド・フェイゲン

YouTube:






もしも断酒を辞めてしまったら、

再始動することは自分にはきつい、

と昨日、書きました。



でも、再始動の前に、

もっとつらいことがあります。



ひとつは自分自身への非難と後悔です。

これは想像しなくても、わかります。



そしてもうひとつは、

ここでブログを読んでくださっている方への

ご報告です。



どのくらいの方々にこのブログを

読んでいただいているかは、わかりません。


でも、

きっと私が想像している以上に

多くの方が読んでくださっているのだと思います。



その方々に、

もう断酒を辞めます、

あるいは、

スリップしました、

とお伝えすることは、

とても大変なことではないか、と感じているのです。



何か、責任感みたいなものです。


おごっているかも知れませんが、

今、私と一緒に断酒をしている皆さんを、

裏切りたくないのです。



いつも好き放題なことを書いているブログですが、


こうしてのんきそうに、

そしてときどき苦しそうに、


ブログを書いている姿を、

皆さんも見守ってくださっているのだと思います。



このブログがなかったら、

私はとっくに断酒をあきらめていたかもしれません。



私は微力でもいいですから、

一人でも多くの方の

断酒のお手伝いになれるように、

一緒に続けられるようにと、

このブログを書いているつもりです。


そして自分自身が断酒を続けるためにも、

このブログを書いているのです。




このブログを読んでくださっている皆さん、

いつも本当にありがとうございます。


感謝しています。


皆さんのお力をいただいて

私の断酒も、このブログも続けることができています。



明日も断酒を続けます。