断酒14日目です。

今日で2週間たちました。
頑張っている自分によくやったと言いたいです。

でも今日は、子供たちが田舎に帰り、妻も買い物で出かけていて、いつもの日曜日なら一人で必ずビールを飲んでいるパターンです。
なんだか飲みたい気持ちを強く感じました。
そんなに我慢できないわけでもないのですが、居所がない感じに似た気分になりました。

夕飯は妻と外食で、お寿司を食べに行きました。
これもいつもは必ずビールを頼んでいるケースです。
特に飲みたい気はしませんでしたが、変な感じでした。

先週は退院直後の日曜日でしたから緊張していましたが、今日が初めての日曜日のようなものだからでしょうか。
いつもとは違和感がありまくりでした。

そう言えば、断酒を始めてから、ローレンス・ブロックの小説に出てくるマット・スカダーをよく思い出しています。
彼はアル中の探偵で、酔いつぶれたり、禁酒したりと、いつもお酒に関わるエピソードが出てきます。
たしか最近は禁酒に成功していたでしょうか。

それから「孤独のグルメ」に出てくる井之頭五郎もよく思い出します。
彼は全く酒を飲みません。
体質的に飲めないのか、好きではないのか、または体を壊したのか、理由はわかりません。
でもおいしいものを食べながら、酒を全く飲まないというのが印象的でした。

私も彼らの仲間入りです。

さあ明日からまた仕事が始まります。
1週間頑張りましょう!