断酒213日目です。

今日はつらいです。



自分以外のモノ、コト、ヒトが

何もかも敵に見えました。



酒が飲みたくて

しかたありませんでした。




飲んだら死ぬぞ。

飲んでしまったら家族が悲しむぞ。



そんなこと、

どうだっていいやと思いました。




もともとそれが、

自分の生き方だったのだから。



今さら、変わるわけがない。

たとえ変わっても何も残らないのだから。



もう断酒なんて辞めてしまえばいい。





そんなことを考えながら

ぐずぐずと家への帰り道、

空を見上げたら、

そこに月を見つけました。


2016-10-12.jpg



半月から3日すぎて、

ふくらみかけた月。


満月でもないし、三日月でもない、

中途半端な月です。



写真に撮ってもピンぼけで、

形もはっきりしません。




でも月なんだ。



そう思いました。



どんな形でも。

どんなに小さくても。

雲に隠れて見えなくなっても。



誰を照らすこともない、

ただ、そこにあるだけの月。



自分もここにいるのか。




明日も断酒を続けることにします。