断酒224日目です。

順調です。



昨夜、家族がいない

ひとりきりの土曜日の晩に、

夜更かしして私は

貯めてあった何本かの

DVDを観ることにしたのです。



そして、その中の一本の映画に、

打ちのめされました。



『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』

2016-10-23.jpg

公式サイト


2010年に公開された映画です。


主演は浅野忠信。


『地雷を踏んだらサヨウナラ』

『アカルイミライ』など、

私の大好きな役者さんです。


(他にもたくさんの

 大作&名作に出ていますが、

 私はこの2本が特にお気に入りです)



その妻役には永作博美。


こちらもとても素敵な

私の憧れの女優さんです。


『人のセックスを笑うな』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

などが大好きです。


(彼女は元アイドルでしたが、

 いつの間にか

 とても上手な役者さんになっていました)



観ていない方のために、

内容にはくわしく触れませんが、


主人公はアルコール依存症の

元戦場カメラマンです。



実は、この映画の原作は

鴨志田穣(西原理恵子の元夫)の

自伝小説なのです。



私はこの映画のリアルさと、

主人公と自分との共通点の多さに

笑い、驚きました。



そして明け方に映画を見終えたとき、

私は泣いていました。





アルコール依存症が

どんな病気なのか知りたい方、

もう一度確かめたい方は

ぜひ観てみるのをお薦めします。




明日も断酒を続けます。