断酒250日目です。

順調です。



昨日はしし座流星群のピークでした。



何年前だったか、

すごい数と大きさの

流星が流れ続けるのを見て

びっくりした記憶があります。



ゆうべも午前二時頃まで

部屋の窓からずっと空を眺めていました。



でも月もまぶしくて、

星はたくさん見えるのに

流れ星を見つけることはできませんでした。



流れ星を見つけることができたら、

なにもかもが


「きっとうまく行く」


ような気がしていたのに。




そして流れ星を探していると

いつも思い出すのが


『流星たちの宴』

白川道(しらかわとおる)







「時はバブル期。

 梨田は極秘情報を元に

 一か八かの仕手戦に出た……。

 危ない夢を追い求める男達を

 骨太に描くハードボイルド傑作長編。」

(新潮社HPより)




白川道は『天国への階段』、

『病葉流れて』
など、

どの小説も大好きでした。



でも69歳で、

大動脈瘤破裂という

病気で昨年亡くなりました。



彼は永遠のギャンブラーでした。



投資でも、麻雀でも、

その道のプロ中のプロでした。


(よく西原理恵子と

 麻雀大会に出ているのを

 テレビで観ていました)




彼が酒飲みだったという話は

聞いたことがないのですが、


その波瀾万丈な人生と、

麻雀を打っているときの表情や

その後の長い闘病生活を見ていると、


同病相憐れむ、


という気がしてなりませんでした。




明日も断酒を続けます。