断酒295日目です。

順調です。


今朝、久し振りに怖い夢を見ました。



昔からいつもリアルな

ひたすら長い夢を見るのですが


お酒を辞めてから、

まったく見なくなっていました。



でも昨夜、たまたま

いつもベッドの脇に置いてある

入眠剤を切らしているのを忘れていて、


「明日は休みだからいいか」


と、そのまま寝てしまったのが

失敗だったかも知れません。



なかなか寝付けず、

ウトウトしたと思ったら

もう夢が始まったような気がします。



昔よく見た、暗く憂鬱な夢でした。



いくら電車を乗り換えても

目的地に着けないシーンから始まり、


その電車の中に荷物を忘れて

車掌に聞いても知らぬと言われて。


どこにいるのか

わからなくなったあげくの果てに、


昔世話になった(夢の中で)

刑事さんが現れて、


「また来たか」と言われながら


留置場に連れて入れられると、

そこには…



といったシーンが延々と

まるで映画のストーリーのように続くのです。




やっと目が覚めると、

気分はもうどんよりです。



あわてて窓を開けると、

そこにはまた暗い空が…


2017-01-02.jpg



これが今年の私の初夢でした。



もう、よりによって、

こんな日に悪夢を見るなんて

何かの象徴なんだろうか?

と思って、調べてみました。



「逆夢」と言うのだそうです。



悪い夢はよいことの

前触れなのですって。


特に「死ぬ夢」「落ちる夢」などは

縁起がいいらしいのです。



よかったー。


お酒を辞めて、これからは

楽しもうって年なのですから、


いいことあるに決まってますよね。


(でも入眠剤やめるのは、

 まだ先にしておこう…)



明日も断酒を続けます。