断酒35日目です。

順調です。


今夜は家族で外食してきました。

六本木にある
トニー・ローマというスペアリブのお店で、
家族で年に数回の楽しみです。


もちろんお酒は飲みませんでした。

妻はちょっとだけカクテルを飲みましたが、
私は息子たちと一緒にソフトドリンクで乾杯です。


ところが食事をしている最中に突然、
家族が言い出しました。

「こないだここに来たときは、
 お父さんが酔っ払ってて大変だったよね。」

「そうそう、それなのに飲んでないって、
 言い張っちゃってさ。」


・・・全然おぼえてません。


いや、そのお店に来たことも、
その前にちょっとビールを飲んでいたことも覚えています。

ちょっとだけ眠くなって、ウトウトしていたら、
家族に指摘されたことも覚えています。

でも、


そんなに酔っ払っていたなんて記憶にありません。


大声を出したり、家族に絡んだりでもしたのでしょうか。
何か、みっともないことでもしたのでしょうか。
ろれつが回らなかったりしたのでしょうか。



今日は、家族にそんな風に言われたことが、
悲しかったのと、腹立たしかったのと、

そして何より、恥ずかしかったです。


断酒をする前も、
自分はそんなに酔っ払う事なんてなかったと思っていました。

しかも他人に酔っ払ってると思われるほど、
飲んだことなんてなかったと。


今日はすごく落ち込みました。
まだ落ち込んでいます。

もう辞めたのに、
お酒のことでこんなに辛い思いをするなんて。


二度とお酒は飲みませんから、
もう、許してくださいな。