断酒398日目です。

順調です。



今日は映画

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

を観てきました。


2017-04-15.jpg



あの押井守監督のアニメ映画

『GHOST IN THE SHELL

 /攻殻機動隊』(1995年)


の実写版ハリウッド映画です。



いつものようにネタバレはしませんが、

なかなか楽しめる映画でした。



ところでこの映画、

字幕版吹き替え版

があるのですが、

どちらを観るかで迷いませんか?



私ならずばり、

吹き替え版をお勧めします。


何故かと言うと、

アニメ版攻殻機動隊の声優陣が

今回も吹き替えを担当してるんです。


(ご存知ビートたけしが

 日本語しゃべってるのも…)



実際に今日行った映画館

(TOHOシネマズ新宿)では、

こんな上映スケジュールになっていました。


字幕版
SCREEN8 (90席)
8:30 13:30 18:30 21:00 23:30 26:00

3D・日本語吹替版・MX4D
SCREEN2 (110席)
11:30 14:00 16:30

3D・字幕版・IMAX
SCREEN10 (313席)
17:00 19:30 22:00 25:00 27:30

3D・日本語吹替版・IMAX
SCREEN10 (313席)
14:30




吹き替え版が他の洋画にくらべて

多いと思いませんか?


しかも人気のMX4Dや、

IMAXを昼の時間帯に観るには、

日本語吹替版しかないんです。



でもさすが、

吹き替えでも特に違和感なく

楽しむことができました。


(以前にも『アナと雪の女王』なんかが

 ありましたね)





ところで、

最近観た映画はどれも

お酒を飲むシーンが出てくるので、

ちょっとクラッとしていたところです。



ですから、

「今日はSF映画だから

 きっと酒は出てこないだろう」


なんて安心していたんですけど…



登場人物の一人、

サイボーグ戦士バトーの


「昨日、人工肝臓にしたんだ。

 これからはいくらでも

 酒が飲めるぜ」


というセリフには思わず、

のけぞってしまいました。




肝臓が悪くならなければ

大酒を飲んでもいいのかな…


酒が蝕むのは、

身体よりも心じゃないのかな…




なんて、映画の途中で

余計なことを考えてしまいました。



(ちなみに肝臓は、

 500種類以上の化学処理を

 一瞬で行うような複雑な臓器なので、

 人工肝臓の実現は

 現代医学のレベルでは

 とても不可能なのだそうです)




明日も断酒を続けます。