断酒500日目です。

順調です。



今、発売されている

POPEYEの特別編集号

『本と映画のはなし。』です。



2017-07-26.jpg



あらゆるジャンルの

芸術家たち60人が自分の

それぞれ好きな映画と本を語っています。


(誰もが知っているような

 有名人がいないのが、また共感できます)



もう表紙からして、

『ヨーロッパ退屈日記』とか。


(若い頃から敬愛してた伊丹十三さん、

 突然の死には驚き、嘆きました。


 投身自殺とか、抗争に巻き込まれたとか、

 まるでサスペンスのように

 当時、噂されていましたが

 真実はどうだったんでしょう?)



そのまたとなりの

VHSのビデオカセットは

『グーニーズ(Goonies)』なんて。


(これも敬愛する

 スティーブン・スピルバーグの製作。


 もし、彼がいなかったら

 私はこれほどまで映画に

 のめり込んでいなかったかも知れません。


 ちなみにこれの監督は

 よくスピルバーグと思われていますが、

 実はリチャード・ドナー

 リーサル・ウェポンシリーズの人です)



「G o O N ie s」って、

ダビングしたβ(ベータ)

カセットテープのラベルに書いた

下手くそな文字を思い出します。



もう子供のころから、

本も映画も大好きでしたからね。



でも、履歴書の趣味の欄に、

「読書・映画鑑賞」って書くと、

なんだか全く趣味がない人みたいで、

くやしかったですけどね(笑)



でもそのほとんどは酔っ払いながら、

楽しんでたはずですから

実にもったいないことをしていたものです。



小説なんて、

同じページを3回くらい読んでるのに、

ぜんぜん先に進まないんです。



映画も、テープを巻き戻したり、

早送りをよくしてたのは、

いったい、どうしてだったんでしょうか。



うーむ。



今日でこのブログも500回目です。

(無遅刻・無欠勤! (*゚▽゚ノノ゙ ☆パチパチ )


「笑っていいとも」なら、

特別番組でも放送していたところですが、


またいつもと同じような、

映画と本のはなしになってしまいました。




こんな断酒ブログですが、


いつも読んでくださって

ありがとうございます。





明日も断酒を続けます。