断酒530日目です。

順調です。


2017-08-25.jpg



昨日ちょっとだけ、

コワイ話を書きましたけど、

断酒529日目:夏の怪談



私のホントウに一番好きな作家は

スティーブン・キングです。


(私の人生のほとんどは

 彼と一緒に過ごしたようなものです)



デビュー作『キャリー』から始まって、

『呪われた町』

『シャイニング』と、


(映画も大好き。

 『クリスティーン』なんて最高です)


2017-08-25-02.jpg

(監督は、これも大好きなジョン・カーペンター!)



次から次に邦訳が出るのを

すぐに読み終わって、


ついに待っていられなくなって

ペーパーバックを読み始めたのは

『ペット・セマタリー』からです。


私の拙い英語力でも、

面白くて、怖くて、

ぐいぐい読ませられてました。


好きなものなら、

どんな苦労も平気なんですね。


それに彼の文章ってすごく

読みやすいんですよ。


(商品名や車、地名などの

 固有名詞が多く現われるのも

 その理由の一つです)


その頃、私は英語の授業で、

日記を書いて提出していたんですが、


アメリカ人のきれいな先生に

「アナタノエイゴ トテモオモシロイネ」

(もちろん英語でですよ)


と言われて、

舞い上がっていたことを覚えています。


実はスティーブン・キングの文体

 ただ真似てただけなんですけどね。笑)



でも、それはそれは

怖い小説ばかり、

書いている彼が言っています。


「僕は今でも、

 毛布から足を出して眠れないんだ。

 誰かがさわったら怖いからね」




まったく同じでした。


私もそんな、恐がりの

臆病者でしたから。



でもそれが、

お酒を辞めた頃から、

けっこう平気になってきています。


暗闇もちっとも怖くなくなりました。



さあ。あの頃は何が、

そんなに怖かったんでしょうね。




明日も断酒を続けます。