断酒556日目です。

順調です。


2017-09-20.jpg



私の妹は若い頃から

ずっと水商売をやっていて、


そのうち自分のお店を持つようになりました。


スナックや小さなバーなんかです。


ちょうど私が仕事を辞めて

次の職場を探しているときも、


「一緒にやる?」と誘われて、

兄妹で一緒になって

小料理屋をやってたことがあります。


ママさんとマスターと言うのでしょうか。


まあ、私はカウンターの裏で

妹が仕込みをした料理を出すだけの

いわゆる店のオヤジなんですが、


(いや、ちょっと待ってくださいよ。

 学生時代は某中央線の小さな喫茶店で、

 昼間の厨房を一人で

 任されてたこともありましたね。

 スパゲティやドリアなんかを出すお店です)



でも飲み屋の厨房と言っても、カウンター越し。


「お兄さんも行けるんだろ?」

なんて、お客さんに勧められては


「これも売り上げだから」

もう仕方ないなあ、と言いながら

ビールばかり喜んで飲んでいました。



勧められなくても、暇さえあれば

(暇がなくても)

生ビールサーバーから

(これの掃除が面倒くさいんです)


勝手にコップに注いでしゃがんで飲んで。



だから、店が終わる頃には

いつもベロンベロンに酔ってます。


しかも、髭なんて

ボーボーに伸ばしてるものですから、

どう見ても普通の

サラリーマンには見えません。


店を閉めてからも、毎晩、

朝までやっている他のお店まで

お客さんたちと飲みに出かけて。



あの頃が、

人生で二番目にひどい飲みかたと、

多くの失敗をしていたと思います。

(ちなみに一番目はこの断酒を始める前)



お酒で商売するのに、

自分がお酒に飲まれるなんて、


まるで自分で馬券を買う予想屋。

売り物に手を付けるヤクの売人。




あれは私には

絶対に向いてない職業でした。



もちろん妹とも、しょっちゅう、

店のやりかたなんかで大喧嘩をして、


最後には前掛けをカウンターに

たたきつけて出て行きました。




明日も断酒を続けます。