断酒564日目です。

順調です。


2017-09-28.jpg




以前、会社で、

間違いメールが届いたんです。


中身は仕事の話なのですが、

用件にも差出人にも、

どうにも心当たりがないのです。


文面をよく見てみると、

私の名字の一文字目だけ同じ方に

宛てたようで

まあいわゆる「宛先違い」です。



もちろん「重大ミス」「セキュリティ違反」


ではあるけど、同じ社内なので、

それほど問題ではありません。



でも、

「本人気付いてないかも」

「大事なメールだったら大変だな」



と思って、


「宛先をお間違えではありませんか」

「お困りではいけませんので」



とていねいに返信したのです。




すると、しばらくたってから…


「そういうときは無視してくださいよ」


と、メールに素っ気ない一言が。



は?私たち会ったこともありませんよ?



そりゃあ、

余計なお世話だったかもしれません。


それにやたらと知らないメールには

反応してはいけない、

ってことくらい知ってます。


(最近、アマゾンをかたる迷惑メールが

 多くなって困っているところです)




ところが、今日ある仕事で、

今まで知らなかった人に

メールを出すことになったんですが、


私もやっちゃいました。


「宛先間違い」です。


まさか、同じ部の中に、

同じ名字の方がいらっしゃるなんて、

思ってもいませんでした。


(しかもどちらも女性。

 それもそんなに

 よくある名字ではないんです)



「宛先をお間違えでしたので

 転送しておきました」



とメールが来て、初めて気が付いて


「あー、やっちまった!」


と滅多にそんなミスしない私は、

(ほんとですよ。笑)


オロオロしながら、

「失礼をして申し訳ありませんでした。

 今後は気をつけます」



と返信したんです。

(もちろん前後の挨拶つきで)



そうしたら、、


「よくあるんですよ。

 気になさらないでください。

 それに私の同僚なんです」



と、フロアでたまに見かける

とても可愛らしい女性が

私の席までやってきて言うんです。

(あっ、またこのオチか!)


もう恋に落ちそうでした。



まあ、つまり

何が言いたかったのかというと、


「人生怒ってばかりじゃつまらない」

「いつも人には優しくしていよう」

「いつどこに何が転がって…(以下略)」



ってことです。




明日も断酒を続けます。