断酒7日目です。

順調です。



どうも、月曜日になると

調子が出てくるみたいです。


休みの日が、

いろいろ考えたり、

家に閉じこもったりして

いけないみたい。


2017-10-30-01.jpg



今日でやっと一週間。

なんかみんなに追い越されちゃった感。

あーなんだか疎外感。

こりゃいかん。



シャレはともかくとして、

ちょっと元気出さないとあかん。

(まだ続けてる…)


こういう時は、

自分の好きなことを考えるのが

一番ですね。


さっきもTwitterで、

釣りや、う◯この話なんかして、


「あー、最近釣りしてないな」

なんて思い出してました。


(う◯こはしてますけど。

 そうそう、スリップしてから、

 やけにおなかの調子が悪いんですよ)


釣りの話はまたしますね。

(う◯この話はしませんよ。

 嫌われるから。え、もう遅い?)




そんなわけで、

今日は月の写真の撮り方でも。


いつも私はiPhone7

ブログやTwitterの

写真を撮っているんですけど、


「月の写真はむずかしい」

って、よく聞きます。


こんなふうに。


2017-10-30-02.jpg


今日は半月をちょっと過ぎ、

満月でもないのに、

いつもまん丸く写ってしまいます。


確かに月も、夜空も

難しいんですよ。



そこで私が見つけた

ある方法を使って、撮ってみると。


2017-10-30-03.jpg



月は小さくなりましたけど、

ハッキリと写ってませんか?


(同じ位置なんですがね。

 まだ丸かったかな?

 ちょっとへたくそでした。笑)



これはですね。ナイショですよ?


みなさんは、

月を撮ろうとするときに、

月にピント合わせてませんか?



違うんです。


この写真の場合、月ではなく、

下にある建物の光をタップ

してから、撮るんです。



この二枚の写真は、

比較するために同じ構図にしましたけど、


(空だけで撮ると

 もっとグレーになったりしますよね)


隅っこに必ず光るものを入れて、

そこにカメラを合わせるのが。

「露光」または「露出」と言います)

コツなんですよ。


(実は、この記事の冒頭にある写真も、

 右下の時計にピント(露光)を

 合わせて撮ってます)



「そんなの知ってらい!」

「たいして変わらん」



と言われるかも知れませんが、

これはどこにも載ってない、

私が勝手に編み出した方法ですからね。


そりゃあ、

プロの写真には敵わないのは

承知の上です。


いいんですよ。自分が楽しければ。

自分で見つけるんです、楽しみを。





明日も断酒を続けます。