断酒17日目です。

順調です。


2017-11-09-01.jpg



今日は職場の飲み会。

誰それの歓送迎会でした。



もう飲み会多くてイヤになります。

飲みたいとは思わないんですが、


ただでさえ酔っ払うことできずに、

いつも醒めてたのに、

シラフでなんて付き合えるかよ

って感じ。



これから年末にかけて、

宴席はさらに多くなりそうですが、

しかたない、我慢しますか。


これも仕事だしね。イキルニハネ




『みずいろの雨』(八神純子)

って歌がありますが、


水色じゃない雨なんてあるの?

とは思ったことありませんか?



赤かったら血の雨になるし、

黒かったら井伏鱒二。

どどめ色なんて…(どんな色?)




でも、これ、私が思うに、なんで

「みずいろのあめ」
 1 2 3 4 5 6 7


にしたのかというと。。


ほら?七文字だと語呂がいい

からなんですよ。きっと。



(みずいろのって付けなかったら)

「はあ~、あめ~」

って、あまりにも間抜けでしょ?



そう、日本語の歌詞って

たいていが五七五になってるんですって。



でも、それを初めて

ぶち壊したと言われているのが

サザンオールスターズだったんですね。

日本語の歌の革命だと。



デビュー曲『勝手にシンドバッド』だって、


「砂まじりの茅ヶ崎 人も波も消えて」
 123 4 5 6 1 2 34 123 456 1 2 3



ほらね?




そこで最近、私がハマりっぱなしの

日本のミュージシャン、

Suchmos(サチモス)の紹介です。


2017-11-09-02.jpg



こちらもサザンと同じ、

湘南出身の6人組。


バンド名の由来は、

ルイ・アームストロング

愛称「サッチモ」から。



和製ジャミロクワイとも言われ、

(いやっほー!)


ドナルド・フェイゲンの影響も

強く受けてるのだとか。

(『ナイトフライ』最高!)


そしてとうとう去年、

ホンダの車のCMソング

『STAY TUNE』でブレイクしました。



歌詞がまた、

ずば抜けてるんですね。


たとえば私の好きなMV、


Suchmos "MINT"(YouTubeより)





ハイゲインノイズでノックアウト

ふらふらで 大気圏までGOだ

しけた顔は やめとけ

冴えないAll young dude


洒落たカッコじゃ隠せない

Baddy never tells A lie

目が慣れたら ひとまず

気の抜けたコーラでも飲んで


周波数を合わせて

調子はどうだい? 兄弟、徘徊しないかい?

空白の何分かだって

その苦悩や苦労を Blowして踊りたい


錆びた弦で良い

破けたジーンズで良い

孤独な夜が あっていい

何も無くても 笑えていればいい

何も無くても 歩けさえすればいい





Suchmos、これから注目ですよ。


(えっ、とっくに知ってた?

 早く教えてくださいよー)




明日も断酒を続けます。