断酒57日目です。

順調です。


私の酒飲みでした。


私が小学2年生の時に他界しましたが、
の記憶と言えばお酒を飲んでいる姿でした。

家にお酒が無くなって、母に買いに行かせたり、
どなって暴れたりするところをよく目にしていました。


夜遅くに家まで誰かが送ってきてくれたり、

仕事仲間でしょうか、
お酒を飲んで泊まっていく人もいました。

そしてたぶん飲み屋でお金がなくなったのでしょう、

玄関にやってきた知らない人に
お金を払っていた母の姿も覚えています。


家にはいつも一升瓶や、
お燗を作るための金属の入れ物がありました。

近所中に聞こえるような大声で母とけんかをしたり、
がいないときに母が泣いている姿を見たこともあります。


そしてある日の晩、
玄関に警察の人がやってきました。

何か話し込んだあと、
母は「馬鹿だねえ。馬鹿だねえ。」と言いながら、泣きながら、
私と妹を近所の人に預け、その人と家を出て行きました。

は道路を歩いていて、車にはねられたそうです。

その後数日経って、は亡くなりました。


なぜだか母に聞いたことはありませんが、
はそのときもお酒を飲んでいたのでしょうか。


父とそんな話をすることはできませんでしたし、
自分が大人になってから、ときどき疑問に思うことがあります。

父はアルコール依存症だったのでしょうか。


そして、私は父の血をひいているのでしょうか。


もしかすると私は父の姿を自分に重ねて、

酒飲みなのは仕方ないのだ」

と思っていたのではないでしょうか。


父が亡くなった歳をずっと超えた今になってやっと、

私はお酒を辞めようとしています。